名星工業株式会社

会社概要

商号 名星工業株式会社
資本金 2,000万円
所在地 名古屋市緑区大高町西正地33番地
設立 昭和53年4月
代表取締役 松本養治
営業種目 各種クレーンの設計、製造、施工、メンテナンス・製缶
主な資格 愛知労働局クレーン製造許可工場
一般建設業(建築工事業、鋼構造物工事業、機械機器設置工事業)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
名古屋銀行
愛知銀行
岡崎信用金庫
主要納品先 トヨタ車体精工株式会社
株式会社豊田自動織機
村田機械株式会社
株式会社キトー

社歴

昭和49年4月 個人商号名星工業創立
昭和53年4月 名星工業株式会社設立
平成3年3月 Rグレード認定工場
平成6年8月 一般建設業許可
平成8年2月 株式会社メイセイ設立
平成8年3月 株式会社メイセイ厚木営業所開設
平成8年3月 Mグレード認定工場
平成16年4月 アングルワーカー導入
平成17年2月 レーザー加工機導入
平成18年6月 プラズマ切断機導入
平成19年12月 ISO9001取得

社長の言葉

代表取締役社長 松本養治名星工業株式会社
代表取締役社長
松本養治

クレーン・製缶に携わり、皆様に育てていただいて30年。その間、培った高い技術と実績から、 「名星工業さんに頼めば安心」「名星さんなら何とかしてくれるだろう」と、うれしい評価をお客様からいただけるようになりました。

モノづくりの現場に欠かすことのできないクレーンは、取扱物、使用目的により、運動様式、形状もさまざま。 クレーンの種類に応じて、製作方法や工程もまたちがってきます。 こうした限られた厳しい条件下で、当社は、いかにして大量の重量物を移動させ、スムーズにコントロールさせるか、 ということについての検討を日々繰り返し行い、120%の完成度をめざして製品開発に努力しています。 また、何よりも安全性が求められる製品だけに、管理体制には万全を期し、より安全で使い勝手がよく、 しかも堅牢な製品、そして、どこにも負けないサービスをお届けしたいと考えています。

産業界では、技術革新、合理化がますます進んでいます。 一方で、超高齢社会の進展、地球環境問題などから「人にやさしい地術、環境にやさしい技術」が求められています。 こうしたなか、私たち名星工業は、創業以来培った“ものづくりの魂”を忘れず、さらなる技術の進化をはかり、 “より高精度で、しかも人にやさしい製品”をスピーディにローコストでお届けするとともに、 新たな技術の創造に挑戦していきます。

© Meisei - Kougyou inc.